craftstore craftstore craftstore

山形の素材と技術を
「活かすクラフトストア」

伝統工芸をはじめとするものづくりには、
その背景となる土地の文化や歴史、
そして暮らす人々の想いが込められてきました。
「Craft Store」では、
県内に息づく多用な技術と素材を活かした、
山形のクラフトの豊かな可能性を提案します。
guraオリジナルクラフト製品「gura craft」や
山形のものづくりを中心に、
日本各地の素敵なクラフトにも出会える場です。

「gura craft」とは

日本は、クラフトのカテゴリー・技術ともに多様な発展を遂げてきています。
その流れのなかで、人と自然が寄り添う暮らしや文化をもとに、地域産業として、各地に手工芸が根付いてきました。
それらの多くは、家具や食器などの日用品です。
その中でも山形は伝統的なものづくりが多く残る土地。
美しさと機能を兼ねそなえた木工細工の山形建具、手打ちで遺産修復や石灯籠を手掛ける石工、
神社仏閣の建造から修繕までを担う宮大工など、様々な技術が受け継がれています。

「gura craft」では、これら伝統工芸に関わる人と共同で
身近に感じることのできる日用品のデザイン開発に取り組みました。
どれも細やかなディテールや素材を生かした品物ばかりです。
これらと出会うことが暮らしをより豊かに、また山形をより好きになるきっかけになればと願っています。

Yamagata craft products

yamagata craft products yamagata craft products
四季のハンカチ 四季のハンカチ 四季のハンカチ 四季のハンカチ

SHIKI NO HANKACHI四季のハンカチ

海も山も豊かな山形で感じる自然の彩りは、土地によってもさまざま。ログウッド染(草木染)や藍染で染めた糸などを素材に、山形の四季のはっきりとした移ろいを、春の赤・夏の青・秋の黄・冬のグレーという色合いと織模様へ写し、ハンカチに表現しました。縫い糸までリネン100%の糸を使い、すべて自然素材で仕上げています。 水洗いして繰り返し使えます。

  • つくりて / itori(酒田市)
  • 寸法 / W300.D300(mm)
  • 素材 / 春:リネン、夏:リネン・コットン、
    秋:リネン・コットン、冬:リネン・コットン
組子のトレイ 組子のトレイ 組子のトレイ

KUMIKO NO TOREI組子のトレイ

「組子(くみこ)」とは細かく切り出した木片を、釘を使わずに組んでいく手細工。レースのように繊細な模様の多くは、江戸時代に生まれました。これらには、魔除けや健康祈願、縁起などの願いが込められています。「gura craft」が開発したのは、金山町産の金山杉を素材とした「三重菱(さんじゅうびし)」がモチーフのトレイ。生命力が強い水生植物のヒシの形がもとになった、無病息災を願う文様です。その用途は自由自在。和菓子を並べるお皿として、あるいは、オブジェとしても楽しめます。

  • つくりて / 石山大原建具製作所(山形市)
  • 寸法 / W200.D110.H5(mm)
  • 素材 / 金山杉
蔵模様の器 蔵模様の器 蔵模様の器 蔵模様の器

KURAMOYOU NO UTSUWA蔵模様の器

かつて城下町山形市には、紅花などで財を成した沢山の商人が住んでいました。市内は天災も少なく、当時の蔵が今でも至るところに残存しています。黒と白の幾何学模様は「なまこ壁」という工法。風雨から建物を守るための美しい模様は、先人より受け継がれてきた意匠です。街の歴史や人が育んできた文化を、暮らしに身近な工芸品である器に表現しました。土と火、古き良き街の景色を、この器に投影しています。 お茶やお菓子の器にも最適です。

  • つくりて / 土田英里子 モンシロ窯(鶴岡)
  • 寸法 / プレートS:φ125.H25(mm)、プレートM:φ215.H25(mm)、カップ:φ65.H60(mm)、ボウル:φ125.H75(mm)
  • 素材 / 土
鋸目の皿 鋸目の皿 鋸目の皿

NOKOGIRIME NO UTSUWA鋸目の皿

山形は、県土の約7割が森林。なかでもブナの原生林は約15万ヘクタールと日本一の面積を誇ります。淡い乳白色が柔らかい小国町産のブナは、きめ細やかな木目や実直な固さ、重さが特徴です。その土地で育った木を、その土地で長く使う。こうした身近な循環の中で山形の森を守り、暮らしに繋げるブナの皿です。製材時にできる独特の鋸目を、その表情に生かしました。平面であること、また鋸目によって、大小さまざまな食材を思った位置に並べられるのも特徴です。Sサイズはケーキ皿、Mサイズは朝食のプレート皿などにぴったりです。

  • つくりて / 有限会社佐藤工芸(天童市)
  • 寸法 / S:φ120.H10(mm)、M:φ210.H10(mm)
  • 素材 / 山形県小国町産ブナ
石工の皿 石工の皿

SEKKOU NO SARA石工の皿

山形市には、古くから石工職人が大規模な建築工事に携わってきたという文化があります。それは馬見ケ崎にある良質の岩や岩層から優れた石材(安山岩)がとれたことに由来し、日本最古の国指定重要文化財・石鳥居など、市内各所には石を利用した建造物が現存しています。「gura craft」の石工の皿は、東日本でも数名しかつくり手がいない貴重な技術「のみ切り仕上げ」によって、一つ一つ丁寧に手打ちで製作されています。割った石材の表面にできる突起を切り落とし、粗く平らにならすという趣ある仕上げや、石材独自のひんやりとした冷たさも特徴です。

  • つくりて / 石工石沢(山形市)
  • 寸法 / 皿 円:φ90.H7(mm)、皿 四角:W90.D90.H7(mm)、皿 長四角:W180.D90.H7(mm)、箸置き:W45.D10.H7(mm)
  • 素材 / 蔵王目隙石
西山杉の木箱 西山杉の木箱 西山杉の木箱

NISHIYAMASUGI NO KIBAKO西山杉の木箱

朝日町、大江町、西川町の山間部、出羽丘陵一帯を「西山」と呼び、そこで育つスギは 「西山杉」と称され、ブランド杉として特に建材として高い評価を受けています。板材に仕上げた際の光沢やブラウンがかった上品な木目、高林齢になるほどに冴えるその色合いと、固い材質によるかんな切の仕上がりの良さが特徴です。「gura craft」では、この「西山杉」を木の香りと無垢材の温もりが感じられる山形の木箱に仕上げました。サイズは2種類。S-1は板そばの器として、S-2はそばの薬味や天ぷらをのせる器などとして使える仕様となっています。

  • つくりて / 西村山地方森林組合、渋谷建具店(西川町)
  • 寸法 / S-1:W360.D150.H40(mm)、S-2:W360.D150.H80(mm)
  • 素材 / 西山杉
ご案内
tel:023-665-5466
Open/11:00~16:00(時間は変更することがございます)
定休日/日曜日・月曜日
インスタグラム instagram
ご迷惑をお掛けします。
ご予約、お問い合わせにつきましては、info@gura-yamagata.jpまでメールいただけますようお願いします。
guraは施設リニューアルのため、11月30 guraは施設リニューアルのため、11月30日(水)にて一時閉店とさせていただきます。
リニューアルは2023年春を予定しております。

日頃ご愛顧いただいております皆様には、ご迷惑をお掛けしますが営業再開までしばらくの間、お待ちいただけますと幸いです。

来春に向けて、精一杯準備してまいります!
かぼちゃのスープ🎃

※スープも日によって変わる場合がございます

#gura#gurayaamagata#ランチ#lunch#レストラン#スープ#かぼちゃスープ#かぼちゃ
Access

山形県山形市旅篭町2丁目1-41